Angel Kiss
Angel Kiss
Pinky【ピンキー】
Pinky【ピンキー】
2011/3/9 13:58:02 無修正ニュース
市川市で07年、英国人女性の英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の遺体が見つかった事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死罪などに問われている住所不定、無職、市橋達也被告(32)の第15回公判前整理手続きが8日、千葉地裁(堀田真哉裁判長)であり、殺意の有無と強姦致死罪が成立するかどうかを争点とすることが確定した。  弁護団が整理手続き後に取材に応じ、明らかにした。初公判は7月初旬に開かれる予定だが、期日は決まらなかった。  殺意の有無について、検察側は「ある」と認定して殺人罪で起訴した。だが、弁護側は殺害する理由が不明だと指摘。主任弁護人の菅野泰弁護士は「互いに顔見知りで、事件当日にレッスンがあったことは同僚も知っていた。殺意があったと納得できる動機が検察側から示されていない」と疑問を表明した。  一方、強姦致死罪については、性的暴行と殺害の二つの行為が時間的に近接していることが同罪成立に必要とされ、検察側は両行為がほぼ同時に行われたと主張。これに対し、弁護側は性的暴行とリンゼイさんの死亡が時間的に離れ、殺意もなかったとして強姦と傷害致死罪の成立にとどまると主張している。  このほか、市橋被告が出版した手記の印税について、遺族への被害弁償に充てる旨を書面で遺族代理人に申し入れ、この申し入れ書を千葉地裁が証拠採用することが決まった。公判は7月上旬から2~3週間かけて裁判員裁判で行われる。  起訴状によると、市橋被告は07年3月25日ごろ、市川市内の自宅マンションでリンゼイさんの顔などを殴り、手首を縛って性的暴行を加え、首を圧迫して窒息死させ、ベランダに置いた浴槽に遺体を遺棄したとされる。次回期日は16日
無修正 | COMMENT(0) | TOP